newこだまなくらし

あなたの ハートに 「やっほー」と いえば 「やっほー」と こだまが かえってくるよ ・・・あなたが 「こだまな くらし」を したら  ゆたかさ あふれる せかいに ゆくよ あなたの ハートの なかにある ひかりの あいを ひびかせた 「こだまな くらし」つくってね ☆ホームページをご覧ください http://mizuetenji.web.fc2.com/

コロナ&変異ウィルスに「光のクスリ」

f:id:nijinekokodama:20210530105825p:plain

動画と録音をアップしました


www.youtube.com

印刷ファイルと音声ファイルはこちらから
印刷ファイルは
同じもの二種類・PDFとワードパットです

drive.google.com

さて、前回伝えた「三つのハートげんき」と同じ様に
「光のクスリ」も、誰でも簡単に出来るようにしてみようと思う
文章が整ったら、録音、動画、印刷ができるようにしたいと思う
______________
コロナ&変異ウィルスに「光のクスリ」
「ハートの奥の光」を使う気功
______________

●ポイントは三つです
①水を通して気を伝える「気功」として行う
②自分の中の光・・「ハートの奥の光」を使う
③「ハートの奥の光」を呼吸を使って動かす
______________
①水を「光のクスリ」にして飲む

●準備・真水の入ったコップを手に持つ
目を閉じて、ハートの奥に光を感じる

①息を吸いながら「ハートの奥の光」を出してきて、
息を吐きながら、「ハートの奥の光」を、
腕を通して、手の平の真ん中のツボに送る

②「ハートの奥の光」を、手の平の真ん中のツボから
手に持ったコップに送り、中の水が「光のクスリ」になる
と決め、呼吸3回分やる

③「体の隅々まで行きわたり、あらゆるものから守られる」
というイシキとイメージを持ちながら、「光のクスリ」の水を
体中に浸透させるように、ゆっくりと飲む
一日のうち数回やる、慣れれば、ほんの30秒ほどで出来る

●歌にしてもいい、ジングルベルの替え歌で
「光のクスリ、光のクスリ、光のクスリ~・・・」
光のクスリの連続でいい、心の中で、又は声に出し歌う
歌の息継ぎの時は「ハートの奥の光」をイシキする
歌っている時は「手の平の真ん中のツボ」をイシキする

※歌にするメリット
●思考が入りにくい
●意図とイシキで、気(波動・エネルギー)を動かしやすい
●飽きずに意図とイシキを維持できる
●リラックスすることで気の純粋性を保てる
(気功の「気」は、エネルギー、波動、光であり、
すべて同じもののことです)

_________________
②自分の体の水分や細胞を
「光のクスリ」にする

準備・リラックスした体勢で、目を閉じ、ハートの奥に光を感じる

①息を吸いながら「ハートの奥の光」を出してきて、
息を吐きながら、「ハートの奥の光」を、体の隅々にまで送る

②「ハートの奥の光」を体中に巡らせながら、
体中の水分や細胞が「光のクスリ」になったと決める
体中の水分や細胞が、きらきらと光るイメージをしてもいい
呼吸3回分やる

●①と同じに歌にしてもいい、歌の息継ぎの時は、
「ハートの奥の光」をイシキし、歌っている時は、
「体中の水分や細胞が、きらきら光る」などとイメージする
__________________
「光のクスリ」について

●「光のクスリ」は、誰でもできる「気功」のようなもので、
放射能汚染・神経毒・ウィルス・変異ウィルス・環境などから、
自分や家族を守ることができます

●「光のクスリ」は、水を通し、気(波動・エネルギー)を
伝える手法であり、あらゆるものに使うことが出来ます
水は、気を伝えやすい媒体であり、体や空間や食べ物など、
ほとんど全てに含まれています

●あなたの中には、全てから守られる「光」があります
「光のクスリ」では、この「自分の中の光」を使います
ここでは、この光を「ハートの奥の光」と言っています

気功や、手かざし、手当て、ヒーリングなど、

様々な手技として、世界中で行われているものは全て、
実際には、この「自分の中の光」を使っています

●「光のクスリ」は、自分で出来る自力本願のお守りです
あなたのイメージと決定とが、最大の効果をもたらします

●あなたが、お守りを持つ時、「守られますように」
「合格しますように」などと、安全や守護や効果を、ただ願い、
疑いを差し挟まずに、ただ身につけることでしょう

「光のクスリ」を行う時も、お守りを持つ時と同じようにします
やり方を理解し、疑いを差し挟まないで、
安全や守護や効果を、ただ願い、ただやります

●①の手法で、手を当てたり、かざして、自分や人、空間、
食べ物、ペットや植物、風呂の湯など、何にでも行えます

いずれも、「ハートの奥の光」にイシキを向けて、
「問題にイシキを向けない」のがコツです
心の中で歌いながらやると、簡単に上手に出来るでしょう

●波動の変化によって、波動酔い・感情のあぶり出し・
様々な肉体症状など、浄化作用としての好転反応
現れることがありますので、体に行うときは特に、
まず自分に試してから、家族やペットにやってあげましょう

好転反応の対処法としては、眠る、風呂に入る、水を飲む、
感情を手放す、などをします

●家族以外の人にやる場合は、あなた自身が、波動について、
浄化作用や対処法について、理解し、実践しておきます
その後、それらについて、簡単に説明をしてからやりましょう

●ペットや、小さい子供など、自分でできない場合、
あなたが「光のクスリ」にした水を飲ませてあげてください

信じない家族・友人など、自分でやらない場合、
「お守りのようなもの」と言い、押し付ける必要はありません
そして、あなたが、もしもそうしたければ、
あなたが「光のクスリ」にした水を飲ませてあげてください

●興味を持つ人には、自分で簡単に出来ることや、
やり方を教えたり、この文章を印刷してあげて下さい

________________

f:id:nijinekokodama:20210530110301p:plain

 

コロナ渦だからこそ、やるといいよ!「三つのハートげんき」

f:id:nijinekokodama:20210521082251p:plain
動画アップしました


www.youtube.com

PDFファイル、ワードパットファイル、音声ファイル
を下記にアップしました
印刷できる方は、ダウンロードしてお使いください

drive.google.com

__________
コロナ渦だからこそ、やるといいよ!

「三つのハートげんき」


みなさん、こんにちは。
さて・・・「ハートの指令を取り戻す三つのワーク」は


自分自身の未来の実現のためにも
人生を生きやすくするためにも
病気や事故やコロナ渦に巻き込まれないためにも
誰も彼もが、ホントは、やった方がいいことなんだよ

怖れを送り出せば怖れたものがやってくる、
これは、自明の理なんだが、なかなか伝わらない

でも、この三つのプロセスを、スピ系に興味のない人であっても
もしも遊びとしてでも、やってもらえたなら

その人自身にとってはもちろんのこと
人類イシキ全体の「負の連鎖」を方向転換してゆく助けとなる
もちろん、あなた自身にも多大な良い影響があるんだ

セッションでも「子供とやってみてください」
などと、簡単バージョンを伝えてきた
そしたら、「よかった探し」では親が知らないことを
教えてくれたりして、楽しくできたようだった

子供たちは無邪気だから、ちゃんと教えれば上手にやれる
同時に、無邪気だからこそ、コロナ渦で、
大人の不安や恐怖を受け取り、影響もされやすい

だからこそ、不安定な時代の中で、
自分達の未来に送り出すものを、ネガティブにしないように
子供たちと関わることが出来る人は、ぜひ一緒にやってもらいたい

もちろん、大人たちにも、どんどんやってもらいたい
もう、不安や恐怖を送り出すのは止めにした方が、
自分達のために、子供たちのために、地球のために、
良いに決まっているからだ

そこで、誰にでも伝えやすい簡単バージョンにしてみよう
これは、言語化が整ったなら
ダウンロードして、自分で印刷できるようにしたい
(PDFファイルとワードパットファイルを上記にアップしました)

誰も彼もやった方がいい・・・とはいっても、
嫌う人もいるだろうから、それは見極めてほしい
この人ならと思う人や、やってくれそうな人がいたなら
コピーを渡してもらいたい

(これはガイドたちからのあなたへの依頼、お願いなんだ
みんなは、いま光の中にいて、何も起きていないし、
安全で安心なんだが、夢のレベルでは、色々起きている
そして、たとえ夢のレベルであろうとも、
もう自分の未来に対する破壊工作は止めにしてほしいんだ
だから、みんなに力を貸してほしい)

さて、いいキャッチコピー・・題名というものは大切なので、
言語化は色々模索したんだが、
三つだということは忘れないために入れたい

出来ればハートも大切なので入れたい

そして、ハートが指令を取り戻すのは、
元の気(波動)になるわけだから
これらを合わせて「三つのハートげんき」とした

そして、あえてコロナと入れた、
まあ、みんなの夢の中では起きていることだしね、

ハートの逆転を取り戻す道は敷いたんだから
実際にコロナだろうが何だろうが、効果は必ずあるんだ
ただ・・選んで、ただ・・やれば、必ず変わるんだ

それに、キャッチは大切だからね
皆にやってもらいたいので、あえて入れたんだ


では簡単バージョンの説明をしよう
(録音は、この説明部分のみにする予定)
____________________

コロナ渦だからこそ、やるといいよ!
三つのハートげんき💗💗💗
_____________

💗良かった探し(幸せ未来を創ろう)

●どんなことでもいいので、良かったことを言いましょう
コトバの最後に「良かった~」とつけるだけです

●一人でやる場合はノートに書きます
二人以上でやる場合は、交代や順番に言います

●3つから5つくらいずつ、または、好きなだけ続けます
「今日はお天気で良かった~」「体が元気で良かった~」
「ご飯食べられて良かった~」「あなたと会えて良かった~」
_____________

💗やなことポンポン(手放しの歌、歌おう)

●ジングルベルの替え歌で「やなことポンポン」と歌いましょう
「やなことポンポン、やなことポンポン、ぜ~んぶポンポンポン

やなことポンポン、やなことポンポン、ぜ~んぶポンポンポン」

好きなだけ続けます、同じコトバの連続でかまいません
気持ちがつかめるときは、その気持ちを歌にして
「怖いのポンポン」などと、自由にアレンジして歌いましょう

●歌い終わったら深呼吸をします
自分の体の中から、ネガティブを全部、出し切る気持ちで、
吐く息とともに、大きく「フ~~~~~~ッ」と手放します
内から外へと、両手で解放するような動作をつけます

●「やなことポンポン」を、いつでもどこでも鼻歌にすれば、
どんどんと「ハートがげんき」になります
_____________

💗ハートの噴水(愛の光を溢れさせよう)

●ハートは、あなたの胸の真ん中です
ハートの愛が、キラキラと光り輝きながら、
噴水の様に溢れ出すイメージで、
ハートの前で、ハートの形の噴水を描きながら、
「うれしい、よかった、ありがとう」と、3回~5回
ちゃんとハートで感じながら、コトバにして言いましょう

●初めての人やお子さんには、次のように教えてあげます

「ハートの愛がキラキラ光って、噴水の様に溢れ出すんだよ
ハートの前で、ハートの形の噴水を描きながら、
ちゃんとハートで感じるんだよ、コトバで言うんだよ」
「うれしい、よかった、ありがとう*うれしい、よかった、
ありがとう*うれしい、よかった、ありがとう」
_________________________
●「三つのハートげんき」は、自分自身の幸福実現のために、
事故や、病気や、コロナ渦に巻き込まれないために、
人間関係を改善し、人生を生きやすくするために、
誰もに役立ち、誰でも簡単にできる、素晴らしいものです

●山に登って「ヤッホー」と言えば「ヤッホー」と
こだまが返ってくるように、あなたが、いま感じている
「気持ち」が送り出され、あなたの未来を決めてゆきます

●こんな時代だからこそ、ハートを元気にしておかなければ、
怖れ、悲しみ、コロナ、世界情勢など、自分にとって
嫌なことに注目し、それらを未来に送り出します
また、未来を担う子供たちは、コロナ渦の不安定な時代、
大人の不安や恐怖を受け取り、影響もされやすいものです

●「三つのハートげんき」を続けて、自分の、皆の、
子供たちの、ハートを元気にしましょう
自分たちにとっての良きこと、愛、喜び、楽しいこと、
大好きなこと、幸福感、などを未来に送り出しましょう

●毎日の習慣にすれば、人生はより良きものに変化します
自分でやる・子供とやる・友達とやる・家族とやる、
などで、ネガティブの断捨離をしましょう
(自分で続ける場合は毎日ノートに書くといいでしょう)

●「三つのハートげんき」は、上記の3ステップで、
小さなお子さんでも簡単に出来ます
大人が教えてあげれば、子供たちは、とても上手にできます
夜寝る前に毎日やる、など習慣にしてもいいですね
子供たちの未来に、良いものを送り出せるように、
子供と関わる方は、ぜひ一緒にやってあげてください

●「三つのハートげんき」を毎日の習慣にして、
怖れ、悲しみ、コロナ渦、世界情勢などへの注目を止め、
自分にとっての良きことを未来に送り出し、あなたの、皆の、
子供たちの、地球の、幸福な素晴らしい未来を創りましょう
_____________


 

何も起きていない-7・魂のゼロポイント呼吸

f:id:nijinekokodama:20210517084323j:plain


www.youtube.com

音声はワーク部分だけのもアップしてあります

drive.google.com

何も起きていない-7
魂のゼロポイント呼吸
______________
みなさん、こんにちは。
では、「光のクスリ」で紹介した
「魂のゼロポイント呼吸」について話そう
まずは・・「ゼロポイントとは何か」を知ろう

____________

ゼロポイントとは何か?

①ゼロポイントとは、
あなたが創造主と一つである点
あなたが創造主である点

②ゼロポイントとは、
創造主とあなたの無限の光
(波動、エネルギー、愛)が在る点

③ゼロポイントとは、
聖心、源、自分の中心、内在のキリスト
などと言ってきた点


④ゼロポイントとは、
あなたが魂と共に
肉体に出入りする点

⑤ゼロポイントとは、
あなたが肉体にいる間中、
あなたと共に在る点
______________

①ゼロポイントとは、
あなたが創造主と一つである点
あなたが創造主である点


そう・・・ゼロポイントとは、
あなたが創造主と一つである点
そして・・・分離は幻想なの
だから、
ゼロポイントとは、
「あなたが創造主である点」とも言える

分離の中では、ひとつとか、同一だとか、
色々と説明しなければならない

だが、海と一滴(ひとしずく)を思い出してほしい
あなたが、自分のことを
ひとしずく」と認識している間は、
あなたは自分が海であることには気付かない

だがあなたが、自分のことを「海」と認識したならば、「ひとつ」や「同一」などというコトバ自体が
意味をなさない

あるいは、体と細胞の関係性でも、たとえられるだろう
あなたは体を体験しているが、
体の無数の細胞のことは、ほとんど意識していない

だから、私と細胞は「ひとつ」とか「同一」などとは
思ったりもしないだろう


それと同じようなもの、と思ってほしい
故に・・・ゼロポイントとは、
「あなたが創造主と一つである点」
同時に「あなたが創造主である点」である
______________
②ゼロポイントとは、
創造主とあなたの
無限の光
(波動、エネルギー、愛)が在る点


そう、ゼロポイントには、創造主とあなた自身の
無限の波動が在る

光=波動=愛=エネルギー・・である
これらは、文章の脈絡によって変えているだけで、
全て同じもの
・・・ということを覚えておいて欲しい

さて、ゼロポイント・・・
そこには、創造主の無限の光が感じられる
それは、あなた自身でもある無限の光だ

だが、あなたが、自分の外側の幻影
(光が織りなすカタチの世界)に

無我夢中になっている間は・・・
あなたがエゴと遊んでいる間は・・・
静かに、秘やかに、そこに、ただ在り続けている

創造主は、無限で無条件の愛だから
永遠に、あなたのしもべになり続ける

あなたが夢にイシキを合わせている間も、
創造主は、あなたのしもべになり続け、
その無限愛で、あなたの夢の全てに成り続ける
その無限愛で、あなたが送り出す波動に成り続ける

だから、あなたが無限を知覚したければ・・・
●無限への帰還を真に望むこと
●ゼロポイントを探求すること

●無限への帰還という、自分の意思と目的を
根気よく持続すること

●無限への帰還と探求とを邪魔する、
空想した自分(エゴ)を知ること

そして、エゴを持ったままでは
また、マインドの思考と論理にいては
ゼロポイントの重要性にも気付かない上に、
無限と波動が合わない・・・故に・・・

●無限ではない何かに気付く度に手放す
こと
______________
③ゼロポイントとは、
聖心、源、自分の中心、内在のキリスト
などと言ってきた点


さて、ゼロポイントは、
これまでも様々なコトバで伝えてきた

聖心、源、自分の中心、内在のキリスト、
などと言って来た


だが、もっと的を絞ろう。。。そこでゼロポイントだ

ゼロポイントは、創造主の無限の波動の点なのだから
限定の波動に在るままでは波動が合わない
だから、どんな荷物も持ってはいけない

ゼロポイントを感じるには・・・
●空っぽ(ゼロ)になること

●純粋無垢な幼子になること

そう・・ゼロポイントを感じるには・・・
手荷物はゼロ…それが重要なポイント
______________
④ゼロポイントとは、
あなたが魂と共に
肉体に出入りする点


あなたが肉体にやってくるとき(生まれる時)・・・
あなたは魂と共に、
頭頂チャクラから・・・肉体に入り・・・
プラーナ管を通って・・・
ゼロポイントを通って・・・
ハートの(次元の奥)に収まる

あなたが肉体を去る時
(死ぬ時、まあ、実際には死なないが)

あなたは魂と共に、
ハートの(次元の奥)から・・・
ゼロポイントを通って・・・プラーナ管を通って・・・
頭頂チャクラから抜けて・・・肉体から離れて・・・

自分に合う波動領域へと誘われる
(波動が無限なら無限の知覚へ・・・
波動に限定が在るなら
幽界のそれぞれの波動領域へと誘われる)


体から抜けてゆく過程で、
魂が第6第7チャクラを通過するとき、

人生の全てが再生される

臨死体験者などが
「人生の全てが走馬灯のように見えた」というのがこれ

それは、脳(脳下垂体や松果体や記憶情報など)と、
そこを通過する魂との、リンクによって、
感じられるもの、と思っておくといいだろう

______________
⑤ゼロポイントとは、
あなたが肉体にいる間中、
あなたと共に在る無限の点


肉体に入る時、肉体から去る時、
あなたはゼロポイントを通過する

だから、あなたは肉体にいる間中、
いま、そのままで、常に、

ゼロポイントと共に在り続けていることになる

「あなたの中に無限が在る」
・・・と言ってきたのは、このことなんだよ


だから、あなたは、いま、そのままで、常に、
ゼロポイントを感じることが出来る

どうやって?
・・・それは、魂に教えてもらおう
だから、魂に宣言しておくことが大切

「ねえ、私の魂さん、限定体験を無限に味わうのは
もうお終いにする、いいね、これは決定事項だ」

「さあ、魂さん、限定遊園地から、
無限次元体験に還るよ」

だから、魂さん、波動を無限に戻せるように
私を助けてね」

「ほら、魂さん、保存してあった
無限の実相データを出してきて、私に体感させてね

・・というようにだね

さて・・では、あなたの内のゼロポイントについて
理解しておいてほしい
では次は、「魂のゼロポイント呼吸」について知ろう
______________
「魂のゼロポイント呼吸」

まずは、「魂が呼吸している」・・と知ろう
そう、魂は呼吸しているんだよ、

死を真実としていて、
病気や様々な要因で肉体から離れた存在は、

まずは、自分が死んでいないことに感動し、
同時に、この「魂の呼吸」に感動する


「すごいぞ!肉体を離れても
私は活き活きと生き続けてるじゃないか!」

「それに、肉体を離れたというのに、
なんと!!!
私は呼吸しているじゃないか!
しかも、魂が呼吸しているじゃないか!
こりゃ~ぶったまげた~!!!」


「なんて素晴らしいんだ!
いやはや、これは何とも言えず心地いいな~
言葉にならない、すっごい感覚だ
これが、得も言われぬ体感ってやつだな~

そうして・・・物質レベルにいたときよりも
知覚が拡大しているので、ただ気付く

「そうか、そうなのか!
私が肉体にいたときには、ただ知らなかっただけで、
まったく気付かなかっただけで、

魂はずっと呼吸していたのか!
なんてこっちゃ~!・・びっくりだ~!」

「いやはや、私はとても感動した!
こりゃ~すごいことだぞ~
こりゃ~誰もかれもが
絶対に知っておいた方がいいことだな~」

「だって、私がもしも、
肉体にいるときに、こういったことを知っていたなら
きっと外にイシキを捉われてばかりいないで、
自分の実相について、もっと探求したはずだ」


「だから、いま肉体にいるみんなに、
この情報は、すごく役立つだろうな
そうだ、これをみんなに絶対に、教えたい!」


「いや、
きっと、みんなびっくりだ、
きっと、みんな喜ぶぞ、
ようし、教えに行こうっと、あ~楽しみだな~」


そんな風に思って、
妻に、夫に、息子に、娘に、兄弟に、友達に、
教えようと、
みんなのもとへ行く

だが・・・肉体にいる、この世のみんなは、
目は見えず、耳は聞こえず、

亡くなった人のことで悲嘆の涙にくれている

だから、教えられないまま・・・
まあ、そんなことが、よくあるんだ
多くの存在が経験すること・・・
そう、「あるあるネタ」なんだよ

そうして、何度試しても無理なことに気づいて、
「私のお墓の前で泣かないでください~♬」
・・と歌いながら、やがては自分の波動領域に
戻ってゆく・・・というわけだ

さてさて・・だからさ、いま、肉体にあるままで、
「魂が呼吸している」と知ることは、
まさに素晴らしいことなんだよ

肉体の肺が呼吸しているのも事実だが、
まあ連動していると思っておけばいいだろう
実際には、全ては呼吸しているんだ、
だから、細胞も臓器も、みんな呼吸しているんだよ

さて、では、話を「魂の呼吸」に戻そう

・・・そうなんだ、あなたの魂は呼吸しているんだよ

だから、この「魂の呼吸」で、
ゼロポイントから無限の波動を
吸ったり吐いたりする

・・・それが
「魂のゼロポイント呼吸」

これは、言語化しにくい
だから、じかにワークをして体感を深めてゆこう

まずは、
●「魂が呼吸している」と理解する

●ワークで試し、自分で体感を深めてゆく
●肉体の波動酔い、エゴのあぶり出しなどがあるなら
肉体のケアや、エゴを手放す

これらを、ちゃんと覚えておいてほしい
今回のワークには「魂よ無限感を出してきて」も入れよう

慣れたら、自分で何度でも魂に
「無限感を出してきて」と
頼んでゆこう
今後も、これらを様々なワークに入れるので、
やってゆこう


※ワークは言語化しません、
また、ワークによって、コトバは多少変わります

そして、ワークをすることで、
無限の波動を受け取れます
波動は、うつるからです

ただし、波動のギャップによって、
肉体の波動酔い、エゴのあぶり出し、
マインドの考えぐるぐる、などが始まる場合があります

肉体に様々な症状が出たり、心配や不安になったり、
焦ったり、がっかりしたり、
面倒に思ったり、嫌になったり、うんざりしたり、
考えが止まらなかったり・・・と、
肉体、エゴ、マインド、がらみで
様々なものが浮かび上がってきます

それらは全て、いまあなたが受け容れようとしている
無限の波動では、もう持ってはいられない限定の波動が
表面化している、あぶり出されている、
と知りましょう

無限感以外は全て手放すもの、と知りましょう
様々な方便を使って、
自分で波動調整をしてゆきましょう

「ワーク・魂のゼロポイント呼吸」

f:id:nijinekokodama:20210517084553j:plain

何も起きていない-6・宣言

f:id:nijinekokodama:20210516093849j:plain

 
 音声ファイルはワーク部分のもアップしてあります

drive.google.com

何も起きていない-6・宣言

みなさん、こんにちは。
さて、「光のクスリ」で出てきた、
ゼロポイントや、魂の呼吸などを、
もっと理解し、使いこなすために、

また、あなたの波動を無限に合わせ、
自分の体感を深めるためにも、まずは宣言をするといい

これらのことは、以前にも出したが
更なる理解のために、
その理由と、宣言のワークを伝えよう
__________
●魂について

魂は、まだ体験していない冒険を求める
あなたが、そのように創ったからだ

まあ、あなたが魂を創造したときに
コンピューターのバックアップを取っておくような魂に、
まだ味わっていない体験を求めるよう設定した
・・・と思えばいいかな

だが、限定の夢の中でも、それをやり続けるとなると、
「限定体験」が無限に創造可能となるだろう

だって、あなたは「無限しかできない無限野郎」だからね
それが、夢が持続してきた要因でもある


だから、あなたが無限に帰還したかったら、
ちゃんと、魂に指令を出しておくこと

そうして魂に、高次の目的を持ってもらうことだ
また魂に、あなたを無限へと帰還させる
責任感も持ってもらうことだ

魂は、あなたが創造したんだから、
ちゃんと指令を出せば、何でも聞いてくれる
あなたが見失っている、あらゆる体感も教えてくれる

だから、これらのことを知り、魂に頼んでおこう

そうして、ここからは、魂の保存データを取り出し、
自分の体感を深め、自分の波動を無限へと戻してゆくんだよ
まあ、急激な波動上昇ではなく、あなたにピッタリな感じでね

ここは
もう、急がず慌てず徐々に・・
とはいえ、いま可能な精一杯の範囲で、
根気よく、無限と
波動を合わせてゆくことだ

そうしなければ、肉体もついてはこられないし、
エゴのパンドラの箱も開いて、
「分離感ご~~~~」になってしまうかもしれない

そうだな、
浦島太郎が玉手箱を開けたようなもんだな、
年取るはずも、死ぬはずもない、光であるあなたが、
「分離感ご~~~」で、よぼよぼの
おじいさん、おばあさんになる

「わしゃあ、もう疲れ果てた、どうせムリムリ、
しょせんわしには出来んのじゃ、後は死ぬのを待つだけじゃ」
・・・などと言い始める、やれやれ

あるいは、イライラうんざりヤダヤダエゴに騙されて、
「こんなにやってるのに、いつになったら、
まだかかるのか、何も変わってない、もういやだ」
・・・などと言い始める、やれやれ

いいかい、
覚えておいてほしい、これらこそが
波動上昇の影響で「パンドラの箱が開いてる」状態なんだよ、

さて、では・・・ここからは、魂に「丸投げ」だ
何十年も修行や瞑想して体感する無限感も、
魂に頼んで出してくる

ゼロポイント(自分の中心)も魂に教えてもらう
今後伝える、あれやこれやも全部教えてもらう

だから、自分の魂に、ちゃんと指令を出しておこう
_________
●肉体について

肉体は、安定を求める性質を持っている
冒険や変化が嫌なんだな

だから、肉体には一緒に無限に帰還することや、
波動を上げてゆくことや、
新たな波動が来たら一緒に行こう

・・・などと伝えておいた方がいいだろう

だから、自分の肉体に、ちゃんと指令を出しておこう
__________

こういったことを知らないままでは、
冒険野郎の魂と、箱入り娘の肉体に挟まれ、
双方の目的や欲求に翻弄され、
あなたは「大岡裁き」の子供のようになってしまう

(大岡裁き・・子供の母だと主張する二人の女に、
子供の両手を左右から引っ張らせ、
勝った方が母親と決めると言ったが
実際には、子供が痛い痛いと泣き
先に手を放した方が母親と決めた裁きのこと)

魂が冒険を求めるので、
実際に、輪廻を超えて何万回と限定の次元を冒険してきた

しかし、輪廻転生は魂を傷つける場合も多々ある
体験によって内在化させた、自己否定感や無価値感などを
浄化しようと輪廻転生し、
逆に増幅させたりもした

何故なら・・・送り出す波動が現れるのだから、
自己否定感や無価値感を内在化したままでは、
それらを送り出し、それらを味わう体験を創造し、
・・・といった繰り返しになってしまう

まあ、できないとは言わないが・・・
体験によって浄化しようとしても、
そこは、なかなかしんどいんだよ、

また、目も当てられないような危ない冒険をしすぎて、
苦しみ、悲しみ、怖れの極致まで行ってしまい、
存在を離れる魂まで現れた


このように、破壊と悲哀の夢に苦しみながら
輪廻転生を繰り返し、

イシキを徐々に拡大してゆく・・という、
この迂遠な道のりを

私は何とかショートカットしたかったんだ

それは、あなたの中心に在り続ける
創造主の恩寵(無限の波動)で、夢の全てを浄化する道だ

そして、その道はもう敷いてある
だから、あなたの選択でショートカットしてほしい
道案内するから、やってほしい

さて、他にも、アダマンタイン粒子にも指令や感謝をしておこう
_____________
宣言
●アダマンタイン粒子


アダマンタイン粒子よ
私はあなたが創造主の体だと知っています

アダマンタイン粒子よ
私の体験の全てになってくれてありがとう

アダマンタイン粒子よ
私はハートの無限の愛にいて、あなたに指令を出します

アダマンタイン粒子よ
わたしのDNA、体の細胞、その他全てに於いて
本来の純粋な状態に、なってください
_________
●肉体

肉体よ、いつも私のために働いてくれてありがとう

肉体よ、私はあなたを連れて無限に還ります
肉体よ、私は波動を上げるので、波動上昇についてきてください
肉体よ、新たな波動がやってきたら、
私と一緒に飛び込んでください


肉体よ、私の完全完璧な体を現わしてください
_______________
●魂

魂よ、私は第1天界から第5天界までの、
夢の次元の体験を、全て終了します

魂よ、私は無限の実相に帰還します

魂よ、高次の目的をもって、
私に無限の実相を、全て思い出させてください

魂よ、若さの酵素を出してください
(ラムサのメッセージから)
______________

以上、理解し、宣言しよう
(誘導の場合、コトバは多少変わります)


 

何も起きていない・第5章・光のクスリ

f:id:nijinekokodama:20210515090859j:plain

動画アップしました、
音声ファイルはワークのみもアップしてあります

youtu.be

drive.google.com

光のクスリ

___________
みなさん、こんにちは
 
さて、ハトホルの書に「光の薬」というメッセージがある
放射能汚染
神経毒
ウィルス&変性ウィルス
など、全てに使える波動伝達の方法(方便)である

これは、とても素晴らしいやり方なので
それをいま、みんなに使ってもらえたらいいと思う

この「光のクスリ」を、
浄化、波動変容、目覚め、など、
全てに役立つようにしたので、どんどん使いこなしてほしい
__________

さて、地球はもう目覚めようと、
日々刻々と波動を上げている

その表面にいて、あれやこれやをしているあなたもまた、
否応なく浄化に誘われる

新たな高い波動では、もう持ってはいられない限定の波動が、
全て表面化する・・・これはもう、全てと言ったら全てなんだ
根底までの浄化が、もう始まっているんだ

そして、それは日々加速している

あなたはその渦中、波動上昇の真っただ中にいるんだよ

何から何まで目まぐるしく加速し、
波動が日々刻々上昇する中で、全ての感情はあぶり出され、
以前よりも更に強烈に感じられる

だが、その強烈な感情に、抵抗すればするほど苦しくなる

もうあきらめ、「限定の波動」を浄化をし、
「無限の波動」に、日々自分を合わせ続けることだ

言っとくけど、他に解決はないんだよ
後回しにするかorやるか・・・その、どちらかだ
 
選択は二つに見えるが、実際はひとつなんだ
どちらにしても必ずやることになる
苦しみの極致まで行けば、向かう方向は上しかないからね

さあ、では、日々、「光のクスリ」を使いこなして、
自分を、人類を、全てを、浄化してほしい
_________
●水は地球の全てに巡っている
 
水というものは、あなたが知っていることを観察しても
地球上の全てに巡っていることが分かるだろう

水は絶えずその様相を変えてゆく
蒸発し、雲になり、雨になり、雪になり、
川になり、海になり、湖になり、
あなたの体の水分になり、・・・というようにね

そして、様相が変化しても、そのどれもが水である、
また、水はどこにでもある
砂漠といえども、その中に水は含まれている、
だから、水は地球上の全てに巡っていると知ろう

●「光のクスリ」は水に波動を伝え、
浄化する方法(方便)

水は波動を伝える媒体として優れている
そして、「光のクスリ」は水に波動を伝え、
浄化する方法(方便)である

これをやることで、
あなたは、波動上昇の波に乗ってゆくことが出来る
なおかつ人類の浄化にもなる

何度もいうけど、波動上昇の波はもうやってきている
もしも、その波に乗らないならば、
限定の渦潮に巻き込まれるだけだ
目が回るほど、ぐるぐると渦潮に翻弄され続けるだけだ

まあ、「抜けだしたい」と思うか、
決めるまでね
そして、いま人類はそんな状態だと思わないか?

波動変容の真っただ中にいる人類を
私たちガイドは常に助けているが、
人類のエゴは抵抗と怖れを増幅させ続けている

だから、いま・・・あなたの波動選択が、
あなたの為のみならず、この流れを変える重要な要素となる

地球や人類に起きている浄化の波を、
あなたはどう使うのか?

自分の中の、
抵抗や怖れなどの「限定の波動」を活性化し、
それによって、あなたと人類の限定を強化し、
破壊と悲哀の夢を持続させるように使うのか・・・

自分の中の、「無限の波動」を活性化し、
それによって、あなたと
人類の
浄化をし、
破壊と悲哀の夢を超えるように使うのか・・・

あなたは、自分の手の中に、そのカギを持っている
どうか、このことを忘れないでほしい

あなたは一瞬一瞬波動を選んでいる
どうか、あなたの内の無限の波動を選んでほしい

それが、私たちガイドにとって、何よりも助けになる
どうか、私たち
ガイドに手を貸してほしい
____________

光のクスリ・やり方
__________


●飲み水にやる場合

※準備、水を入れたカップなどを両手で持つ

①目を閉じてハート、自分の中心、ゼロポイントを感じる
(魂に頼んでゼロポイントを教えてもらい、今はここと決める)

②ゼロポイントに創造主の無限の光を感じる

③魂が呼吸する・・・「魂のゼロポイント呼吸」をしながら
「魂よ、無限感を出してきて」と魂に頼む

④ゼロポイントの光の波動を、
「魂のゼロポイント呼吸」で吸う

⑤「魂のゼロポイント呼吸」で吐きながら、
光の波動を、腕を通して手の平のチャクラ(ツボ)に送る
呼吸3回分やる
(歌にして、光のクスリ~と歌いながらやる)

⑥飲み水の場合、あらゆるものから防御されるという
イメージを持ちながら、
全身に行き渡り、染み込ませるフィーリングを感じながら、
その水を、ゆっくりと飲む
__________

●自分の体をやる場合

①から④までは上と同じ

⑤「魂のゼロポイント呼吸」で吐きながら、
光の波動を、自分の全身、
頭の天辺から手の指先、足のつま先まで
体の水の全て、細胞の全てに巡らせる

(歌にして、光のクスリ~と歌いながらやる
好きなだけ続ける)
________________

●人に行う場合

①から⑤までは上と同じ

⑥手の平を相手の体に当て、
手の平のチャクラ(ツボ)を通して、光の波動を相手にうつす
(ただ当てるだけにし、
送るイメージはしなくていい)

そばにいない場合、相手をイメージして、

手の平を当てる、またはかざす

(歌にして、光のクスリ~と歌いながらやる
好きなだけ続ける)
_________

●空間や人類や地球を浄化する場合

※準備、空間に波動を伝える場合、
お風呂や水の中などで行う場合など、
手の平を表に向け、ひざなどに置いたり、かざす

①から⑤までは上と同じ

⑥手の平を表向きにして、
光の波動を、空間の水を通し、人類と地球の全てに巡らせる
(ただかざすだけにし、送るイメージはしなくていい)
 

(歌にして、光のクスリ~と歌いながらやる
好きなだけ続ける)
_____________

●エネルギー(波動)は、
自分の意図とイシキで動く

__________
さて、
エネルギー(波動)は、
自分の意図とイシキで動く、と知ることだ


ゼロポイントの光を、魂の呼吸で
手の平のチャクラ(ツボ)に送ると決めて、
2~3回呼吸したら、あとは歌ってもいい

※クリスマスソングで
光のクスリ~光のクスリ~光のクスリ~
光のクスリ、光のクスリ、光のクスリ~
(光のクスリの連呼)

※慣れたら、はじめから歌ってもいい

ゼロポイントの光
⇒手の平
⇒好きなだけ歌う
⇒自分の波動が上がる
(これは、せき
止めている限定が浄化され、
本来の無限の波動が現れるという意味)


歌うことのメリット
●思考が入りにくい
●意図とイシキで、エネルギー(波動)を動かしやすい
●飽きずに意図とイシキを維持できる
●力が抜けることで波動の純粋性を保てる
_________________
 
では、実際に誘導するのでやってみよう

※誘導は、無限感のまま、波動を伝えることが大切なので、
文章の通りにはならない
 
皆も自分でいろいろやってみること
まずはやってみて、自分バージョンに変えてかまわない
自分なりの発明、発見でやること
____________

何も起きていない-4・愛の復活

f:id:nijinekokodama:20210421215301j:plain

長くなったので4章は二つになります
音声ファイルは、1と2をつなげたものも入れました


www.youtube.com


www.youtube.com

drive.google.com


何も起きていない・その4
愛の復活
___________

「何も起きていない、全ては錯覚だ」
・・・あなたは、そう決めているだろうか?

「目を開けているとき、私は夢を見ている
・・・二つの意味で・・・
夢の世界をこの目で見ている
夢の世界を現実として観ている」
・・・あなたは、そう決めているだろうか?

「だからいま、私は目をつむり、
自分の中心にイシキを合わせるんだ
その時はじめて・・・私は、
本当の自分へと還る扉をたたいている」
・・・あなたはそう決め、そうしているだろうか?

・・・イエスより

________________

みなさん、こんにちは
私は地球バージョンの幻想の中で
エスと呼ばれたイシキ、
私はあなたの目覚めた部分、
私はあなたと別々に存在していたことなど
一瞬たりともない

さて、光のレベルでは、何も起きてはいない
全てはあなたの想像、イマジネーションであり、
あなたの創造、クリエーションだ

第3章では「ハートの逆転」について伝えた
それによって、どのような世界になったのか
あなたは何故、無限の知覚に還れなくなったのか

これは、あなたのことなのだから・・・
ちゃんと理解し、把握しておいた方がいい
では、箇条書きにしてみよう

●ハートが逆転した
●マインドが「枠組み」で支配する世界となった
●無数のエゴが創造され
エゴの「分離感」で「分離幻想」が強化された
●マインドの「枠組み」と強化された「分離幻想」が、
堅固な城壁となった
●無限の知覚へと還る道が閉ざされた

では、この中のポイント3点について伝えてゆこう
マインドの「枠組み」
②エゴの「分離感」
③分離幻想の強化

___________
①マインドの「枠組み」

さて、ハートの逆転によって
あなたは、そして人類は・・・
全てをマインドの「枠組み」で
測るようになった

もともとマインドは幻想体験のための
道具・
ツール・アイテムである
故に、マインドは
無限や永遠や完全を知らない

故に、マインドは
分離、極性、時間、空間
・・・といった「幻想」を物差しとして使う
故に、マインドは全てを「限定」や「限界」で判断する

それが、マインドの「枠組み」の正体なんだ
それが、マインドの「枠組み」の全てなんだ

こうして・・・ハートの逆転によって、
あなたは、人類は、全てを
幻想を使ったマインドの「枠組み」
・・限定・限界で測るようになったんだ

とはいえ、いつでもどこでも
何から何までが
ハートが逆転されたまま・・・というわけでもない

ひらめき、直感、洞察、内なるフィーリング、
発明、発見、様々な創作、芸術、音楽、など・・・

自分の内からフィーリングを受け取り、
ハートが指令を出し、

インドが従者として働いて思考と論理を使い、
愛や、美や、無限の直感を表現すること
もある

そこには、人々のハートの共感を呼び覚まし、
感動や愛を与え、存在の内奥に在り続けている
無限の感覚に触れるような・・・
そう…まさに、心(ハート)の琴線に触れるような
素晴らしいものが、きっとあるだろう

また自然に触れるとき、
何かや誰かに純粋な愛を感じるときなどに、
その無限や愛の感覚が、
ハートの琴線に触れることもあるだろう

ただし、それらも、
マインドの「枠組み」の範疇からは、
なかなか出ることはできない

何故か・・・「逆転の世界」では、
マインドは
「枠組み」で測ったもの以外は
検閲する、採用しない、排除する
・・・というような働きをするからだ

厳しい検閲をする
「関所の役人」「夢の番人」なんだよ
これは、エゴも同じである

________________
②エゴの「分離感」

さて、マインドの「枠組み」の世界で
エゴの「分離感」が創造され
続け

このエゴについては、幾度となく伝えてきた
しかし、エゴは自分としか思えないものだし、
・・まあ、そのように創ったからなんだが、
故に、これは把握しづらい話かもしれない

だが、次の点については、もう把握しておこう
●エゴとは何か?
●エゴをどのように
潜在化・内在化・同一化したか?

●エゴはどのように働くか?
エゴについて知る際には、
後悔や罪悪感や自己卑下などを感じたならば、
それらも全てエゴと知り、手放すことだ

出来ちまったものは仕方がない
解決は、もう示してあるんだ
だから、ただ知ることだ
そして、ただ手放すことだ
●エゴとは何か?
エゴとは、あなたが想像・
イマジネーションし、
創造・
クリエーションした、限定のエネルギーだ
それらを、エゴ、変性自我、潜在意識、
インナーチャイルド、ゲームの自分
などと言ってきた

・・・これらを総称すれば
エゴとは、無限のあなたではない、
空想された限定のあなた・・・その全て


そして、あなたがエゴを活性化して
感じている限定のエネルギー
・・・あらゆる感情、観念、価値判断などを
ここでは「分離感」と総称している
●エゴをどのように
潜在化・内在化・同一化したか?

あなたは、無限のイシキなので
無限感や愛を感じているのが、あなたの「普通」なんだ

だから「分離感」のような嫌な気分を、
ずっと感じていたくはない
あなたにとって、それは「特別」なんだよ

だから、幻想体験の中で
限定のエネルギーを
想像・イマジネーションし、
創造・
クリエーション
実際に、どんな感じかを味わってはみたけれど、

ずっと・・・
そのまま・・・いつまでも
活性化、表面化したままではいられなくて、
潜在意識・・・無意識のレベルに落とし込み、
内在化させていった

潜在化、内在化させたものは見えなくなるため、

あなたは、人類は・・・エゴを自分だと思い込んだ
これを「同一化」と言ってきた 

これらは人類イシキとして、膨大なものになっていった
あなたは海と一滴のように人類と一つなので、
個人的にも、人類イシキから波動が合うものを常時拾い
自分のものとして採用、イミづけ、活性化する

●エゴはどのように働くか?
エゴとは、感情、観念、価値判断などの
「分離感」のエネルギーである

「分離感」のエネルギーは、
同じような「分離感」を味わう体験を求め、
再生するように働く

「自分が送り出す波動が現れる」現象界では
「分離感」の波動を送り出すならば、
「分離感」を感じる体験が現れ続ける

こうして、あなたの、人類の、現実創造は、
限定限界のあるものへと変容した

地球での体験は、苦しみ、悲しみが
入り混じったものとなり
それによって、再び、「分離感」が
無数に創造され続けた

また、エゴは「分離感」を再生するために
「無限の波動」を感じさせないように働く

故に、マインドと同じく
厳しい「関所の役人」「夢の番人」となって
無限への知覚の移行を
検閲する、採用しない、排除する
働きをする
____________
ではエゴについてのポイントを箇条書きにしておこう

●エゴとは何か
想像・イマジネーション
創造・
クリエーション
た「分離感」のエネルギー


●エゴをどのように
潜在化・内在化・同一化したか?

「分離感」を感じていたくなくて潜在化・内在化した
見えなくなったため同一化し、自分だと思い込んだ


●エゴはどのように働くか?
同じ感情、観念、価値判断を味わう体験を
再生するように働く

「無限の波動」を感じさせないように働く

無限への知覚の移行を

検閲する、採用しない、排除するように働く

________________
変換される愛

さて、あなたの本質である愛は、
様々な体験によって呼び覚まされ、
あなたのハートの琴線に触れ、
あなたはそれらを体感する

だが・・・そこで、あなたが感じた純粋な愛は、
あなたが自分だと思い込んでいるエゴによって、
瞬時に、または気付かぬうちに、常に変換されてゆく

恋人、夫婦、親子、友人
など、
ある時点では、互いに純粋な愛を感じていたのに・・・

やがて、何かが起きては・・・それらは
喪失、嘆き、悲しみ、苦しみ、愛着へと変換されてゆく
やがて、何かが起きては・・・それらは
怒り、憤り、憎み、罵り合い、抵抗へと変換されてゆく

だが、それをやっているのは、
愛の存在、無限の存在ではない
愛の存在、無限の存在は、
愛や無限を感じているのが「普通」だからだ

それをやっているのは、みんなエゴなんだ
あなたが自分だと思い込んでいる、
その、ほとんどがエゴなんだ

エゴの創造こそが、あなたの、人類の
最もすごい
創造だった
褒めているのでも、けなしているのでもない
責めているのでも、嘆いているのでもない
ただ知ってほしいだけだ

エゴを創造したことで、あなたは無限を見失った、
エゴを創造したことで、あなたは無限に還れなくなった
あなたが見失い還れなくなったのは無限なのだから
それ以上の損失は存在しない

知覚が戻らなくなった始めの頃・・・
助けに入った存在さえも、ミイラ取りがミイラになって、
無限の知覚に還れなくなったこともあった

悲しませるつもりはない
だが、
ちょっと想像してみてほしい、
あなたが無限に在るとして・・・

あなたの大切な人が、
何から何まで、忘れ去ってしまった状況を・・

無限を知覚できなくなり、
光が見えなくなり、
あなたの姿もわからなくなり、
あなたの声も届かなくなり、
あなたの愛にも気付かなくなり、

いま光の中にいて、何も起きていないのに
夢の中に限定限界の体験を追い求め、
夢の中で悲しみ苦しみを感じている状況を・・


「壮大なる自由意思」によって、
無限の知覚にあるガイドでさえ、手の出しようがなかった
あらゆる方策を試みてもなお、
あなたの知覚を元に戻すことが出来なかった

ただ、
あなたに愛を送り続け、
あなたが耳を傾けてくれる時にだけ、
あなたの真実を伝え、
自分で道を選び、歩み、知覚を戻すようにと即し、
応援することしか出来なかった

だが、思い出してほしい
あなたが料理や棚を創ったとしても
あなたはその料理や棚ではない

だから、あなたはエゴを創造したが、
あなたはエゴではないんだ

愛こそが、あなたの本質、
あなたの本当のアイデンティティーなんだ
そして、あなたは無限の存在であり、
いま光の中にいて、何も起きていないんだ

________________

 ③分離幻想の強化

さて、こうして、ハートが逆転し
①マインドの「枠組み」②エゴの「分離感」
によって、③の「分離幻想」が
強化された

この3点が、堅固な城壁となり、
無限の知覚へと戻る道が閉ざされた
これを「イエスの愛のひびき」では
「逆転の悲劇」と伝えてきた

この「逆転の悲劇」で、
もともとは、体験のための幻想が、
自分自身を限定・限界に留まらせ、
限定・限界から出させない
「強化された幻想」となった

また
、この「逆転の悲劇」で、
もともとは、参加し体験するゲームが、
何万回と輪廻転生し、やってきては去ってゆく
超えられない限定限界ゲームとなった


無限を知覚できなくなり、
光のレベルへと戻れなくなったのは、
波動が合わなくなったから・・・それだけなんだ

それは、エゴの創造によって、「分離感」という
「限定の波動(エネルギー)」が内在化され、
あなたの波動が、
無限と合わなくなってしまったからなんだよ
つづく…イエスより

f:id:nijinekokodama:20210427170110j:plain

____________

f:id:nijinekokodama:20210427134649j:plain
マインドコントロールの世界


さて、マインドの「枠組み」の中で
エゴの「分離感」を感じながら体験する世界
・・・これこそ、まさに、しゃれにならない
「マインドコントロールの世界
ってやつだな


そうなんだ・・・人類とあなたは
「マインドコントロールの世界
にいるんだよ

多くの人は「マインドコントロールの世界」の
奴隷になっている

もちろん、「自分は無限の存在」
・・・ということは忘れ去っている
だから、自分が、そんな羽目に陥っていることにも
気付いてはいない

だから、「マインドコントロールの世界」で、
エゴの「分離感」を感じながらも
何とか生き抜いていかなければならない
・・・まあ死を迎えるまでなんだが、
そんな風に思い込まされているんだよ

そんな生き馬の目を抜く
(相手を出し抜いて利益を得る)ような
「逆転の世界」で、
必死で生き抜いている存在たちにとって、

私が伝えた「教え」は、まさに過激だった

だって当時は
今とは全く違っていたんだよ
愛がないがしろにされ、虐げられ、貶められ、
忘れ去られた世界に、私はやってきた

そうして・・・
「父は愛で、あなたは父の一人子で、
父は
あなたを無限の愛で愛している」
・・・なんて、言ったもんだから、
みんなビックリ仰天だったんだよ

その上、色々やって見せたり、
死んで生き返って見せたりしたもんだから、
またまた天地がひっくり返った

そこで・・・何とか、この突拍子もない出来事と
とんでもないことをしてみせた輩(やから)を
マインドとエゴの「枠組み限定バージョン

に落とし込んでおく必要性に迫られたんだ

●だから、長い間、隠され
捻じ曲げられてきた

これはほとんど全部・・・
何もかもが、隠され、捻じ曲げられてきた

私は、「誰もが、自分の内の真我キリストを通して
父の身許に還れる」
・・・と、ちゃんと伝えたんだけどね

しかし、ほとんどの宗教は、
エスの現象我(パーソナリティー)を
自分達の外に見せておくために、像を創り、崇拝し、
エスは特別で、自分達は至らない存在だと、
何億回と教え込まれ、思い込まされてきた

私は、「誰もが、兄弟・同胞なのだから、
互いに愛し合い、許し合いなさい」
・・・と、ちゃんと伝えたんだけどね

しかし、イエスの現象我(パーソナリティー)の
名のもとに、兄弟・同胞たちは争い傷つけあってきた

この話は、きりがない、
「枠組み限定バージョン」では、
どうとでも変換されるだろう

だが、その後も今も、宗教がどうなっていったか・・・
宗教のみならず、自分の外に追い求めているものが、
どれほどなのか・・・

ハートにいて、ただ見るならば、
ほとんど全部だとわかるだろう

それが、何であろうと、誰であろうと、
自分の外に何かを求めているならば、
あるいは抵抗しているならば、
・・・それはどちらも同じことなんだが

それらは何から何までが「宗教」なんだよ

そう、この世の全ては「宗教」だ
それらをしたいのは自分自身だと
きっと誰もが、そう思い込んでいるだろう

まあ、そう思っているからこそ追い求めているんだが
実際には、それをやりたがっているのは全部エゴなんだ

だから、「現実という夢」に求めているのは全て、
エゴの欲求であり、エゴの願望なのだと
さっさと知って、さっさと
自らの決断で
「三つの弱点」を超えてしまうことだ

それには、誰かや何か、夢の中の全てへの
承認欲求を、
ちゃんとイシキ的になって、手放すことが
あなたの目覚めに役立つ

●だから、「疑い」や「判断」で
検閲されてきた

そう・・・「枠組み限定バージョン」では
自分が「疑い」や「判断」を
持っている、感じていることにさえ、

気付かせないし、手放さないでいる


ほとんどの存在は、「疑い」や「判断」を、
ほんの一瞬の、ちょっとした隙に、自覚なく使っている

生き馬の目を抜く」ような、
この世を生き抜いてゆくには、
「疑い」や「判断」が必要不可欠だと思い込んでいる

だが、自分の実相が、無限であるということを
「疑い」や「判断」で検閲していたのでは

知覚の移行がなされない

また、「疑い」や「判断」の波動を送り出すならば
それを感じる体験を創造することになる
全てはあなたの創造だ

だから、「疑い」「判断」は
ちゃんとイシキ的になって、手放すことが
あなたの目覚めに役立つ

●だから、ほとんどの人に
受け容れられないできた

幼子のような純粋性を持ち、
無邪気な知覚で見ようとするものだけが、

天国に気付く、ハートに気付く、
ハートの愛を感じ、無限を感じることが出来る

また、ひたむきな探求心で、
迷子になった幼子のように

親・神・創造主・父を、求め続けるものだけが
知ることが出来る


だって、全てはあなたの創造なのだから、

「枠組み限定バージョン」の夢に注目し、
夢の中の何かや誰かに夢中になっているならば、
見つけられるわけがない

探求しなければ見つからない
探さなければ、気付かないようになっているんだよ

「求めよ、さらば与えられん、
尋ねよ、さらば見出さん、

叩けよ、さらば開かれん」
・・・・というわけだ (聖書マタイ伝)

故に・・・ハートに入るコツは
●無邪気になる、幼子になること、
●純粋な探求心を持つこと・・・といえるだろう
____________
愛の復活
●愛が先行しなければ、
何も解決はしない
たとえば人類は
・・・科学の発達が先行し、
それによって人類が幸福になると思っているが、
それは、まったくのあべこべなんだ

人類が自分たちの本質の愛に目覚め、
幸福になったならば・・・
そのとき、実相の科学が発達するだろう

人類は、マインド先行の発見・発明によって
自分達が、科学を
発達させたと思い込んでいるが、
実際には、色々と問題が起きている

そして、マインド先行でいる限り、
問題は解決されない
だが愛が復活し、
ハートの偉大なパワーが現れたならば、様々な発見・発明がなされ、それらは解決されるだろう

●愛が先行しなければ、
何も解明はされない

たとえば、ハートの偉大なパワーを見失った
人類の科学は、認識している内の98%は空間なので、
今の時点では、残りの2%に注目し、
代替えの力と、限定の概念を使い、
その2%を解明しようとしている
残り98%は無限で、意味不明で、余りものとしている

だが、全てはアダマンタイン粒子なのだから、
無限に余りものなどない
もしもハートの偉大なパワーが現れたならば、
あらゆるレベルでの気付きが現れ始める

それによって・・・創造の三角形
愛・ひとつなるスピリット・アダマンタイン粒子で
全てが創造されている・・・と知ったならば
あらゆることが解明され始める

そして、愛が指令を出し、
ひとつなるスピリットが
アダマンタイン粒子に役割を与え
たとえば、ペンになるとか、ノートになるとかだな

そして、非分離の「ひとつなるスピリット」から
分離しているかのように見える
「アダマンタイン粒子」の、

その・・・非分離から分離への変換点を
人類が探求し始めたならば・・・

人類科学の新しいミレニアムが始まり、
1秒ごとに新たな発見がなされるだろう

●愛が先行しなければ、
何も見えてはこない

たとえば・・・人類が把握している宇宙は、
物質宇宙の、ほんの一部だが、
もしも、その物質宇宙の全ての全て
を含めたとしても
在りて在る無限の1%にも満たない
何故なら99%は別次元だからね

これまで・・・「あなたは、知覚が移行し
極小の一点に注目している」・・と言ってきたが
地球と幽界の往復は、その1%の内の、
更に0.0000000000001%くらいだろう

そして・・代替えの力と、限定の概念では、
太陽系の外へ
は出られない
愛の科学だけが、太陽系の外宇宙への探索を可能にし
別次元・別宇宙へのアクセスをも可能にする

そして、地球人類が目覚めた時、
その愛の科学を使って、
別次元・別宇宙から
地球にアクセスしている
たくさんの兄弟たちのことも知るだろう

これらの話は、あなたにとって、いまはまだ、
途方もないものだろうが・・・
実際には、すべて
あなたの内に在る
あなたは無限そのものだからだ

●愛が先行しなければ、
人類は目覚められない

だからこそ、ハートの指令を取り戻し、
あなたの愛が復活することが、
人類の臨界点を超えるために最重要なんだよ

この時代、あなたを含む多くの存在たちが
それに取り組もうと
地球に生まれて来ている

また実に多くの存在たちが、
地球人類の選択に注目している
そこには、別次元、別宇宙から
アクセスしている存在たちもいる

彼らもまた、あなたを無条件に愛していて、
その愛で、地球人類の選択を見守っている
ガイドとしてメッセージを送る存在もいる

だからいま、多くの愛が地球に降り注がれている
いまほど地球に、愛が集中していることは
かつて、なかったくらいなんだ

そして、
地球という惑星もイシキ存在であり、
愛の体験の惑星に還ろうとしている

地球は長きにわたり、体験の場として自らを与え続け、
人類に奉仕してきたんだ
地球は、
人類の悲しみ苦しみの体験全てに共感し、
傷ついてきたんだ

しかし地球は、今まさに、それらを浄化し、
波動上昇の波に乗り
愛の体験の惑星へと還ろとしているんだよ

さて・・・一方、だからこそ、
マインド先行の「逆転の世界」では、
あなたのアイデンティティーが
愛だと
気付かぬようにされてきた
あなたの本質が無限だということも忘れさせられた


体験の中で感じた純粋な愛は、
エゴの「分離感」によって
愛着・執着へと、あるいは抵抗へと、常に変換されてきた

そして、いまも、波動上昇の流れに逆らおうと、
人類に起きている浄化を全て、怖れを使って、
「枠組み限定バージョン」に落とし込むように働く

だが、マインドやエゴに抗ったり戦ってはならない
何故なら、抗うのも戦うのもエゴなのだから
また、全てはあなたの創造物なのだから、
実際には、自分の創造物と戦うことなどできない
あなたは、ただ、愛を選び続けるだけでいい


マインドやエゴの、そんな「ごちゃごちゃ」は、
幼児の寝ぐずりや、おもちゃで遊んでいたくて
ジタバタしてるようなもの、と知ろう
「ハエのおしっこのシミ」のように
怖れに注目せず、
どんな瞬間も、ただ、愛を選び続けよう

さて、こうして、ハートの偉大なパワーは、
まさに長きにわたり、隠されてきたんだ
波動上昇の時代がやってきて、
女性たちが目覚め始めてくるまでね

女性は母性を持って生まれてくるので、
ハートにも、自分の愛にも、フィーリングにも、
気付きやすい性質を持っている
そうでなければ、子供を産み、
愛で慈しみ、育てることは出来ないからね


だからこそ、「枠組み限定バージョン」では
愛を復活させないよう、
女性性を目覚めさせないよう
長きにわたり、女性を
弱いもの低いものとみなし、
虐げ(しいたげ)貶め(おとしめ)
教育も、地位も、職も与えないできた

愛や感性に触れる全て・・・
情緒的なものや、愛を語ることは、
女々しいこととされるか、
あるいは、性的なものへと変換され、
マインド優先の、男性社会が築かれてきた

また、ハートを隠し続けておくために、
マインドは、問題を解決するためと称し、
ハカイダーとなって、数多くの戦いを繰り広げてきた

日本の戦国時代にも、兄弟同士が命をかける戦をして、
その子供たちを愛で慈しみ育てた母は
嘆きのあまり尼寺に入るような話があっただろ

それはまるで、
ハカイダーとなったマインドが破壊工作をし、
悲しみ苦しみに耐えきれなくなったハートが、
ケルトンの部屋に隠れたようなものだった

戦いの規模は、どんどんと大きくなり、
やがては、国と国とが争う戦争へとなっていった
そうして、世界は幾度も悲しみ苦しみに満たされた

どれほどの涙が流されたのだろう・・・
人類の歴史は全て、兄弟同士が傷つけあい、
母が嘆きのあまり尼寺に隠れる、
破壊と悲哀の歴史だった

それは、まさに「逆転の世界」で創造された
「マインドの破壊」と
ハートの悲哀」の歴史といえるだろう

それでも、問題は根本解決はしていない
全ての人が満たされる世界は、未だ訪れてはいない
常に、勝ち組と負け組、強者と弱者の、せめぎ合いだ

だが・・・どうか悲しまないでほしい
光のレベルでは何も起きてはいない
あらゆる「ごたごた」が行われているときでさえ、
皆は、光の中に在り続けていて、誰も死んでもいない
ただ、そのこと全てに、気付いていないだけなんだ

この話をあなたたちにするのは、
人類の一員として、どんな夢を創造して来たのかを
真に知ってほしいからだ

また、人類の夢は、人類にしか変えられられないからだ
そして、破壊と悲哀の夢を終わらせるために、
あなたたち一人一人に、愛を選択してほしいからだ

人類が、この破壊と悲哀の夢に入ったとき、
地球にいる多くの精霊や妖精たちは、
自ら波動領域を上げ、人類から距離を置いた

別次元、別宇宙からアクセスする兄弟たちも
人類から距離を置き、見守ることにした
私たちガイドも、この流れを変えようと、
出来うる限りの、あらゆる働きかけをしてきた

だが、あなたたち一人一人の愛が復活しなければ
この流れを完全に変えることは出来ない
あなたたち一人一人は、自分で思っているよりも
ずっと影響力があるんだ

人類の破壊と悲哀の夢を終わらせ、
地球を愛の惑星へと還すカギを、
あなたたち一人一人は、
自らの手の内に握っているんだよ


さて、これらの流れが徐々に変わってきたのは、
女性性が解放されてきた1900年代の中盤くらいからだ

ハート(
は強くなることを願った
強くあらねば、愛で慈しみ育てた者同士が、
敵対し傷つけあう歴史が繰り返されるだけだ

どこの国のどんな人であろうとも、
全ての存在は、純粋な幼子として生まれ、
愛によって慈しみ育てられている

ハート(
)は、勇気をもって立ち上がった
嘆きのあまり尼寺に隠れ、
マインドに任せていたのでは、らちが明かない
愛なる者同士が傷つけあう破壊と悲哀の夢は、
もう終わらせる時が来た

こうして、幾千万もの嘆きの夜を乗り超えて、
朝の太陽が、地平線から眩い光を放つかのように、
愛の復活の兆しが現れ始めた

破壊と悲哀によって流された、幾億粒の涙が、
眩い光をあびて美しい虹となり、愛が蘇ってきたんだ
流れを変えようと、あらゆる働きかけをしてきた
ガイド
たちは、歓喜に満たされた


女性性が立ち上がり、解放されるにつれ、
それが、愛の復活への呼び水となり、
1900年代の終わり頃から、
人類の波動が、上昇するようになってきた

男女ともに、見えない世界に興味を持ったり、
スピリチュアルへの好奇心がわいてきたり、
感情の浄化に取り組んだりする人が増えてきた

そうして、私たちが送る波動を
受け取る人も現れてきた
私たちの話に耳を傾け
自らの無限性に想いを馳せる人も出てきた

十字架の道を通して、私がおいた
愛の波動を
自ら選ぼうとする
人が現れてきたんだ
それはただ
選ぶだけで受け取ることが出来るものだ

こうして・・・この潮の流れが変わるかのような
人類の波動の変容が起きてくるには、
十字架の道から
2000年かかったんだよ

さあ、だからこそ、
あなたの本質である愛を選び続けてほしい
どんな瞬間にもだ
一時は、出かけてしまってもだ
どんなに抵抗が出てこようともだ

自分の創造物を恐れていてはいけない
マインドもエゴも料理や棚と同じ・・・
創ったあなたが、変え、手放し、削除し、浄化できる
だから
勇気をもって自分のハートを救い出してほしい

誰も、その存在に代わって、
道を選ぶことも、歩むことも出来ない
道を実際に選び、歩み、成し遂げるのは
あなた自身の、人類自身の選択にまかされているんだ

そう、だからこそ、どんな瞬間にも
あなたの本質である愛を選んでほしいんだ

私たちは、そう願っている
幽界にいる多くの存在も、
かつて、あなたと体験を共にした存在も
別次元・別宇宙の
存在も、
そして、地球という惑星も、
地球に
いる聖霊や妖精たちもだ


実に多くの、人類を見守る存在たちが、
あなたと人類の選択を愛で見守り、
そう願っているんだ

あなたのハートを、
あなたのハートの愛を、
あなたの本質の愛を、
あなたである無限の愛を・・・復活させ

あなたの中心に在り続けている
創造主の無条件の愛と再統合することが、
全ての全ての、、、そして全ての、解決となる

それが、人類全体へと広がってゆく

破壊と悲哀の夢を終わらせ、
地球を愛の体験の惑星へと還すことが出来る

あなたにはそれが出来る
そう・・・あなたが、
自らのハートの愛を復活させることによって・・・
あなたには、それが出来る
んだ

・・・イエスより

f:id:nijinekokodama:20210427134740j:plain____________

何も起きていない-3・ハートの逆転


「こだまなくらし」の詩・いまめざめるわたし


愛は勝つ - KAN(フル)

何も起きていない・その3
ハートの逆転

_____________

youtu.be

「何も起きていない、全ては錯覚だ」
・・・あなたは、そう決めているだろうか?

「目を開けているとき、私は夢を見ている
・・・二つの意味で・・・
夢の世界をこの目で見ている
夢の世界を現実として観ている」
・・・あなたは、そう決めているだろうか?

「だからいま、私は目をつむり、
自分の中心にイシキを合わせるんだ
その時はじめて・・・私は、
本当の自分へと還る扉をたたいている」
・・・あなたはそう決め、そうしているだろうか?

・・・イエスより

________________

みなさん、こんにちは
私は地球バージョンの幻想の中で
エスと呼ばれたイシキ、
私はあなたの目覚めた部分、
私はあなたと別々に存在していたことなど
一瞬たりともない

さて、光のレベルでは、何も起きてはいない
全てはあなたの想像、イマジネーションであり、
あなたの創造、クリエーションだ

光のレベルでは、あなただけが在り
分離なく、極性なく、時間も空間もない

しかし、幻想の中のあなたが
あなた本来の無限の知覚へと還るには・・・

あなたの波動を、無限へと変容させる(戻す)こと、
あなたが無限の真実を選び、
死と輪廻を越えること・・・が必要となる

そのための理解として、何がどうなったのか、
どうしたらいいのかを、伝えよう

全ては、あなたの創造(想像)であり、
全ては、
あなた自身のことであり
あなた自身に起きたことと知ろう

どのようにして、自分の知覚が移行し、
どうして自分は、無限の知覚へと
戻れなくなったかを知ろう

そして、どうしたら戻れるのかを知り、
その過程を根気よく続けよう

あなただけが、自分の波動を変えてゆける
あなただけが、死と輪廻を超えてゆける
どうか、伝えたことを役立て、
あなたが自分自身で、知り、選び、歩んでほしい


さて、ハートの逆転がどのように起きたのか、

どうすれば、ハートの指令が取り戻せるのかは、
エスの愛のひびき16~19章で伝えてきた

ただし、マインド先行になっていて、
マインドとエゴで検閲される世
界では・・・

この・・「ハートの指令を取り戻す」ことが
全体性の知覚へと戻る重要なポイントであることが
ほとんどの人に、いまはまだ
理解も認識もされてはいないようだ

そこで、この一連の話を、
新たな情報を加えながら、
更に詳しく掘り下げ伝えてゆく

準備のために、イエスの愛のひびき16~19章を
聞いておくことをお勧めする、
その中にでてくる結論を、まずは伝えておこう

「ハートの指令を取り戻す」
三つのプロセスを持続すること
2と3については、少し補足を加える

1・良かった探しをする

2・浄化をする
承認欲求を手放す
疑いを手放す

3・
24時間ハートにいられるようにする
●ハートハートハートをイシキし
太陽からエネルギーを受け取る
●中心に沈む
●無邪気な知覚で自分と全てに無限を見る

では、ここから、ハートの逆転についての、
夢のビジョンを伝えよう
____________
ブラインドの向こうの声
夢の中で・・・
私「ハート」は、みんなと一緒に、白い美しい部屋で、
花を飾り、ヒーリングをしあい、お茶を飲み、
笑いあい、称えあい、くつろいで、和気あいあいと
楽しく過ごしていました

その部屋は、壁は白く、広々としていて、居心地がよく、
いい香りがして、過ごしやすい、美しい場所でした

ただ、
白い部屋の中の、一面の壁だけには、
大きな白いブラインドがかかっています

そのブラインドの裏側が、どうなっているのか
窓なのか・・・何かがあるのか・・・
その部屋で過ごしている「ハート」たちには、
まったくわかりませんでした

__________
でも・・・夢で見ている自分には、ただわかります

・・・そのブラインドの裏側は、
エレベーターが通過するような

黒い大きな穴が、上から下まで空いていて、
それが、どこまでも続いているのです

下は真っ暗な穴が、奈落の底のように限りなく続き、
上もまた真っ暗な穴が、限りなく続いているのです
__________
さて、白い部屋で楽しく過ごしていた「ハート」たちは
ブラインドの向こう側から、何か恐ろしい声が
聞こえてくるのに、ふと気づきます


その声は、悲しみだったり、苦しみだったり、の
様々な声です

始めは小さかったその声は、だんだん大きくなり続けます

大きくなった、その声の内容は・・・
ののしり合い、叫び、嘆き、苦悩にあえぎ、
慟哭の涙を流し、のたうち回るような苦しみと共に、
自分を、人を、世界を呪う、
ありとあらゆる罵詈雑言なのです


「ばかやろう」「ふざけんな」「ころしてやる」・・・・

さっきまで、光り輝く部屋で、
みんなで、とても幸せに過ごしていた、というのに、

その恐ろしい声によって、
何もかもが、すっかり変わってしまいました


ブラインドの向こうの声で、
「ハート」の気持ちはゆらぎ、

その声の全てが、恐ろしくて、悲しくて、つらすぎて、
居たたまれなくなった「ハート」たちは、
その部屋から出てゆくことにします

部屋から出て、廊下を走るうちに、
「ハート」は、いつの間にか一人ぼっちになっています

廊下は長く長く、どこまでもどこまでも続いています
けれども、どんなに、その部屋から離れても離れても、
その声は、さらに大きく、まるでのしかかるかのように
聞こえてくるのです

「もう、この家にはいられない」
そう思った「ハート」は、その家からも出ることにします

でも、家から出ても、その声は聞こえてきます
さらに大きく、さらに恐ろしく、
さらにのしかかるかのように
聞こえてくるのです

「ハート」は、家の前にたたずみ、
「恐ろしい声が聞こえる」その家を眺めながら
そこに、呆然と立ち尽くしていたのでした
__________
ケルトンの隠れ部屋
別の日の夢の中で・・・
ある大きなお屋敷の前に、「ハート」はたっています

そこはお城のような、豪邸のような・・・
とても大きな家です

夢の中なので・・・そこにはいま、誰もいないことが、
ただわかります

そこで、「ハート」は、
そのお屋敷の玄関扉をそうっと開けて、

家の中に入ってみることにします

家に入ると、1階には大広間があるのがわかります
ダンスパーティーでもできるような大きな空間です
吹き抜けになっているような高い天井と照明、
絢爛豪華な装飾もあります

でも、「ハート」にとっては、
そんなことは、どうでもよかったのです

「ハート」は、どこか身を隠せる場所を
一生懸命、探しているようです

「ハート」は、のしかかるような何かから逃れたくて、
悲しみや苦しみの声が聞こえないようにしたくて、
自分が安心できる居場所を、
ただただ、探しているようです

「ハート」は、混乱のままに階段を上がってゆきます
それは、大きなお城にあるような
幅のある螺旋階段です

途中には、階段の踊り場があり、
そこからまた上の階へと螺旋状に階段が続いています
上へと登ってゆこうと思った「ハート」は、
階段の踊り場の所に、隠れ扉があるのに気づきます

それは、踊り場の壁にしか見えないのですが、
「ハート」には、そこに部屋があることが
ただわかります

そこで「ハート」は、その隠れ扉を開けて、
その部屋に入ってゆきます

そこは、とても不思議な空間でした
入口からは、小さな狭い場所にしか見えなくても
入ってみると、そこは広い居心地のいい場所なのです
多分、次元が違っているのでしょう

それに、その部屋はスケルトンになっていて、
「ハート」は、その安心安全な場所にいるままで、
その部屋の中から、起きていることの全てを
ただ見ていられるのです

それに、外からは・・そこに部屋があることも、
「ハート」が隠れていることも、
何も見えないし、気付かれないのです

「ハート」にはそのこともただわかります


「ハート」は、やっと気持ちが安定し、安心し
そのスケルトンの隠れ部屋から、
起こることの全てを、ただ見ていることにしたのでした
___________

さて、ビジョンというものは、その感覚を体感でき、
また一瞬ですべてが理解できることもある

こうしてイエスの「愛のひびき」の
「ハートの指令を取り戻す」メッセージを
現す準備が始まった・・
____________
ハカイダーになるマインド

ハートの指令下につくとき、
マインドは非常に優秀な従者となる
それは、まるで、勤勉実直な執事のようなものだ

だが、もしも、マインドに支配権を握らせたなら
命取りになってしまう
グレムリン何万匹が大暴れか、それ以上だろう

どのくらい命取りになるのかは、
これまで起きた人類の歴史の数々を、
地球を、世界を、人類を・・周りや、自分自身を、

ハートにいて
・・・まあ、これが重要なんだが、
ただ見る・・・価値判断なしに観察するならば、
きっと、あなたにも理解できることだろう

マインドに支配権を握らせたなら、
マインドが構築した「枠組み」で全てを測る

マインドは、分離・分割・分断・分析する
そして、マインドはよく物事を壊すんだよ

それも、わざと壊すんだ、わざとだよ

マインドが構築した「枠組み」の中で、
マインドの思考と論理で、問題を
修復し、
手柄を立てる状況を創り出すため、

あるいは、マインドが支配する状況を創り出すために
わざと壊すんだよ、

あらゆる破壊工作をする
まるで、ハカイ(破壊)ダーだな

【注・ハカイダーとは、人造人間キカイダーに出てくる
敵役のロボット・・・
悪の組織ダークに拉致された博士が、
秘密裏に造ったロボットがキカイダー
キカイダーは良心回路を持ち、
人類のためにダークと戦う
そして、そのキカイダーを破壊するために
ダークが造ったロボットがハカイダーである】

さて、ハカイダーになっているマインドが
壊すものには
様々なものがある

それには・・・
人生を壊すこと

人間関係を壊すこと
希望を壊すこと
意思をくじくこと
ハートを壊すこと
魂を壊すこと
他にも、書き出せば
、きりがない

そのような破壊工作を仕掛けることによって、
マインドが構築した「枠組み」の中で、
その問題の解決策らしきものを提示するんだ

しかし、マインドが提示する解決策は、
問題を解決するためではなく、
マインドが支配権を握るため、
あるいは、マインドの支配権を強化するためなので、

問題点を羅列するだけだったり、
問題の波動を出ることがないために、
根本解決には、ならないものばかりなんだ

そう「問題は問題のレベルでは解決されない」
問題は、その問題よりも波動的に高いレベル、
たとえば、ハートが変わるようなレベル

根本解決が出来るものなんだ

さて、ハカイダーになったマインドと
抑圧的な「枠組み」に支配された世界で・・・

共感による迷いに陥っていたハートは、
現実を耐えられるものにするために
自ら進んでマインドの支配下に入ってしまった

ケルトンの隠れ部屋に隠れてしまったんだ
日本神話にある天岩戸の神隠しみたいなもんだな

共感と知性とに於いて、
ハートが持っていた許容量は無限大だったので、
ハートはマインドに譲歩したわけだ

こうして、ハートの逆転は、完全なものとなってしまった

こうして、マインドが「枠組み」を使い
支配する世界となってしまった

こうして、無数のエゴが創造され
数知れない「分離感」の中で、
分離幻想は強化されてしまった

こうして、
マインドの「枠組み」と
強化された分離幻想が、
堅固な城壁となり、
無限の知覚へと戻る道が閉ざされてしまった
____________

「何も起きていない、
全ては錯覚だ」
・・・あなたは、そう決めているだろうか?

「目を開けているとき、私は夢を見ている
・・・二つの意味で・・・
夢の世界をこの目で見ている
夢の世界を現実として観ている」
・・・あなたは、そう決めているだろうか?

「だからいま、私は目をつむり、
自分の中心にイシキを合わせるんだ
その時はじめて・・・私は、
本当の自分へと還る扉をたたいている」
・・・あなたはそう決め、そうしているだろうか?

・・・イエスより

____________

spirit-kanel.bbs.fc2.co____________

掲示板で、メッセージを伝えています
掲示板の記事自体は朗読しないので、
ご自分にとって重要と感じる情報は朗読し
聞き落とされることをお勧めしています